ver9.3追加/修正車輌

| EDIT

今回は昨日公開された9.3テストサーバーの車輌レビューです。



まず数値に関しては公式HPの9.3パッチノートを御覧ください。

まず多くの車輌に関する点です。


直接スペックには関係しませんが重装甲車輌経験値ボーナスが発生するようになります。

ボーナス値は車輌ごとに決められ潜在ダメージ、つまり弾くことで経験値に加算されていきます。

よってIS-7Mausといった跳弾に優れた車輌が最も多く平均で+10%のボーナスを受けるとのこと。

また軽戦車中戦車自走砲は例え跳弾したとしてもボーナスは発生しません


次はTier8〜10のエンジン周りにおける仕様変更です。

変更されるのは以下の車輌です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ソ連: Object 263

ドイツ: E 100、Jagdpanzer E 100、Maus、VK 72.01 (K)、Waffentrager auf E 100、JagdTiger、
E 50、E 75、VK 45.02 (P) Ausf. B、Waffentrager auf Pz. IV、8,8 cm Pak 43 Jagdtiger、
Jagdpanther II、Löwe、Panther II、Tiger II、Tiger I

アメリカ: T28

日本: Type 61、STA-1

イギリス: FV215b (183)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


エンジンは1つモジュールとして見えますが内部的には分けられています。

それはトランスミッション(変速機)エンジンそのもので被弾した時の処理が異なります。

今回からトランスミッションの被弾は発火に至らなくなるという仕様が追加されます。

なお中破、大破により機動力が落ちたり停止することはあります。

またトランスミッションを貫通しエンジンまで至ってしまっては元も子もありません。

しかし車輌の発火率は大きく低減することが見込まれます。

独車輌には非常に嬉しいニュースです。

またサスペンションに関しても耐久度が増加する車輌があります。


続いて修正車輌については一部を取り上げます。


まずはChaffee

shot_007_20140906205323e12.jpg

現在でも優れた偵察車輌として知られるChaffeeですが特性が変化しました。

今までは割りとオールラウンダーな立ち位置でしたが調整により更にスピードにシフト。

車体旋回性能移動時の砲精度俯角HPが落ちた代わりに最高速が20km/m上昇77.2 km/hへ。

他には連射性能静止時精度も上がりました。

修理費用が大幅にったのも大きいです。


次にT57Heavyに関して。

shot_006_20140906205322de1.jpg

本車は前々からAMX50Bとの棲み分けに悩まされていました。

今まで下位互換とされていたAMX50Bが前回のアップデートから台頭。

今回の調整で遠距離AMX50B近距離T57Heavyという位置づけになります。

移動旋回時レティクル拡散が広がり照準時間0.2秒伸びました。

走り撃ちが難しくなりますが近距離で撃つ分には何の事はないといったところでしょうか。


次にObject 430です。

shot_005_201409062053200d7.jpg

Object 430T-62AObject 140とは異なる特性を持ちます。

今回の調整はそれを更に明確にするでしょう。

今まで劣っていた装填速度は一気に改善。

他2輌を上回る装填の早さ、DPMを手に入れました。

また砲塔旋回時のレティクル拡散25%低減され走り撃ちも良好。

しかし精度は一段階下がり0.35から0.38に変更されます。

最高の隠蔽率や兄弟頭ひとつ抜けた装甲を持つこともあり遠近距離両方で使える車輌です。


その他はT18FV304Hellcatが大幅なnerf

T92ISbuffされM5 StuartChaffeeに似た調整を受けます。



では次は暫くの間追加されたかった新車輌についてです。

まだあまり乗っていないので感想に留まりますが良車輌も見受けられました。


まず分化された故KV-1Sの末路から。

KV-1Sの名はTierⅤに引き下げられ今までとまったく異なる車輌になっています。

元々T-34に随伴するために装甲を取り払われたKV-1KV-1Sであり今までが万能過ぎました。

shot_033_20140906180848d9d.jpg

新しいKV-1Sにも122mm砲身を搭載することは可能ですがまったく異なる仕様です。

まず弾はHEHEATの2種のみでKV-2の初期砲身と同様に通常弾はHEとなります。

対して今までKV-1Sを持っていたプレーヤーはTier6KV-85を手にすることになります。

shot_034_20140906180849dad.jpg

本車は史実上IS配備までの繋ぎで開発されました。

機動力以外は今までのKV-1Sに近いですが俯角も悪く今までの性能とは程遠いです。

特異的な100mm砲も用意されているのでそちらも選択肢に入ります。


続いてT37です。

shot_036.jpg

T37Chaffeeの先に出来たツリーでT49T57Heavyへ続くルートのTier6車輌です。

本車はCaffeeも拡大版のような性能です。

最終砲には2種類あり一方は5連射が可能な自動装填装置付き。

しかし大きくなったことで被弾率や発見率もあがり最高速も下がります。

また単発火力Chaffeeと一緒なので少々厳しく中途半端な印象。


次はM41WalkerBulldogです。

shot_037.jpg

同TierのT71との双璧になる本車はT37同様に自動装填装置付きの車輌です。

この自動装填装置は最多の10連射を誇る代物で照準速度精度共に悪くありません。

貫通力にやや心配が残るものの金弾を使えば210mmの貫通力。

装填時間30秒無いくらいで全弾抜けば1500ダメージを与えられます。

車体や砲塔はやや大きく被弾し易いですが72km/hの最高速でこの火力を運用できるのは魅力です。


次は前々から話題になっていたT49軽戦車です。

shot_038.jpg

ここまでの進化から打って変わって本車は高速で152mm砲を運用する自爆船のような車輌。

高速なKV-2と見ても良いでしょう。

弾種はHEHEATで金弾は第2HEです。

しかし貫通力10mm程度しか変わらないので難しいところです。

テストサーバーでは楽しいですが非常に大味であまりお薦めは出来ないです。

大口径なので撃った後の隠蔽率低下の割合も非常に大きくテロ向きな車輌。


次はソ連Tier7軽戦車LTTBです。

shot_031_20140906180845a80.jpg

見ての通り非常に長い砲身で車体も長細いです。

Pantherを想起しますが乗った印象としてはこちらも苦行になりそうな乗り心地。

性格な数値は分かりませんが俯角がまったく取れません。


お次はソ連Tier8軽戦車T54-liteです。

shot_032.jpg

T-54の軽戦車版という位置づけで車体砲塔装甲共にT-54から40mm削られています。

コメントしにくい性能ですが軽戦車というより純粋にT-54の一段階下且つ足が速いと言ったところ。

頭は形状も良く信頼に足るでしょう。


次はお薦め独Tier8軽戦車Spahpanzer Ru 251です。

shot_035.jpg

本車はLeopard1に連なる系統で高い照準速度精度装填速度を持ちます。

中でも装填速度5,5秒程と高速で平均240ダメージの弾を発射でき非常に高い性能にまとまっています。

装甲は無いに等しいもののその速度は平地でも70km/hを超え降坂では84km/h程に達します。

今回の新車輌の中でも最も使い易かった印象。


その他ムロヴァンカのマップサイズが1000×1000になったり拠点戦の機能追加などが実装予定です。

COMMENT

お久しぶりです、新車両の為にフリーを貯める日々をすごしています、

私はたまに分遣隊をやっているのですが、
1sの後釜や軽枠のクロムや12tがt37に置き換わったりするのか非常に気になりますね~

suma #- | 2014.09.07(Sun) 17:56 | URL | EDIT

Re: タイトルなし

> お久しぶりです、新車両の為にフリーを貯める日々をすごしています、
>
> 私はたまに分遣隊をやっているのですが、
> 1sの後釜や軽枠のクロムや12tがt37に置き換わったりするのか非常に気になりますね~

KV-1Sが分化しHellcatがnerfされTier6の分遣隊、中隊戦が気になりますね。
KV-85も1Sに遠く及びませんが100mm砲は他の100mmより精度照準速度共に高いのでありかもしれません。
122mm装備と100mm装備のKV-85を混ぜるのも面白いかも。
他の車両で代用となるとARL44やT-150でしょうか。
恐らくARL44が筆頭かと。

T37も十分考えられますがM41への過渡的スペックで非常に中途半端な印象です。
現時点では貫通力が低く弾倉攻撃力も575ダメと同格を狩るには非常に心もとない数値ですね。

grou #- | 2014.09.09(Tue) 11:20 | URL | EDIT

大変お世話になっております

変更の一部で
「対して今までKV-1Sを持っていたプレーヤーはTier6のKV-85を手にすることになります。」
との 事ですが
今、KV-1Sで溜まってる経験値は次に進む ISに引き継げない事になるのでしょうか? ご存知でしたらお教え願いたい

1S開発途中なので・・

- #- | 2014.09.10(Wed) 00:23 | URL | EDIT

Re: タイトルなし

> 大変お世話になっております
>
> 変更の一部で
> 「対して今までKV-1Sを持っていたプレーヤーはTier6のKV-85を手にすることになります。」
> との 事ですが
> 今、KV-1Sで溜まってる経験値は次に進む ISに引き継げない事になるのでしょうか? ご存知でしたらお教え願いたい
>
> 1S開発途中なので・・

恐らく経験値が消えるということはありません。
しかし直ぐに9.3になるということは無いので早くISにした方が良いでしょう。
運営にチケットを切って聞いてみるのも良いと思います。

grou #- | 2014.09.12(Fri) 00:48 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑