スポンサーサイト

| EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保有TierⅩ車両雑記

| EDIT

私が保有しているTierⅩ車両の列挙と使用感など簡単な概要です。

(記事公開時ver8.10)


IS-7
is7.jpg

ソ連TierⅩ重戦車。

機動性と攻守面共に良好でバランス型。

特に下り坂では中戦車並みの早さを誇る。

その頭は無敵と言っても過言ではなく正面を向いていれば何者にも臆することはない。

車体は避弾経始を殺さない角度を取りつつ腹下を晒さないことが重要。

単発火力は大きいが貫通が不足気味で精度も良くはない。

APCRであることが救い。


FV215b
fv215b_20140123175343193.jpg

英国TierⅩ重戦車。

最高の砲性能を持つが防御面で貧弱。

支援砲火に徹するとその威力は凄まじく手数型のTDに近い。

装填、照準、精度、分間火力、どれをとっても重戦車最高クラス。

しかし貫通力は並程度なので精度を活かした射撃を心がけたい。

機動面も良好で且つ全速力で走り撃ちしてもだいたい当たる。

頭は硬いが擦るように被弾すると抜けてしまう。

課金弾はAPCR。

忘れがちだが英国特有のHESE弾を持つ。


VK72.01(K)
vk72.jpg

CWC2で1000位以内に入るともらえた独国重戦車。

独国戦車にしては良好な機動力と発火確率の低さ。

下り坂はIS-7と同様にかなりの速度が出る。

その突進威力はサイの様なもの。

攻守の面でも良好で昼飯もし易い。

装填速度の遅さを単発火力でカバーしつつ前線を作りたい。

貫通力が低くHEAT弾であることも難点の1つ。


Maus
maus.jpg

言わずと知れた独国TierⅩ重戦車。

その防御力は折紙付きで被弾方向を考えて車体と砲塔を向ければ鉄壁を誇る。

だが過信は禁物で自走砲や敵味方の配置を一層意識した運用を心がけたい。

精度は信頼に足るが装填速度や貫通力、威力も低く砲性能は最低クラス。

弾速の早いAPCRであることが救い。

ver8.10から砲塔回転速度が秒速2°上昇し実感できる。

砲塔下部を狙われると稀に跳弾して車体のグリルを直撃するというショットトラップに遭遇する。


Bat.-Chatillon 25 t
bc.jpg

仏国TierⅩ中戦車。

高速高火力を誇る自動装填装置付き車両。

他の車両では難しいところにも登れたりする。

弾倉攻撃力は1950で重戦車を除くほとんどの車両を撃破可能。

防御力は無いに等しく当たれば殆どが貫通してしまう。

戦況を見てどのタイミングでどこに火力を注ぎ込むかが重要になる。

通常弾がAPCRで課金弾種はHEAT。

その性質上ランダム戦では通常弾で事足りることが多い。

中戦車全般に言えることだが早々に撃破されると避難の嵐を浴びること請け合いである。


Object 140
140.jpg

ソ連TierⅩ中戦車。

バランスのとれた正に中戦車といった車両。

よくT-62Aと比べられ当車両は旋回が低い一方速度と隠蔽率、俯角に優れている。(HPは50低い)

また8.10以降砲塔装甲が改善され確実に実装当初よりも弾く印象を受ける。

しかしキューポラがT-62Aに比べると少し出ているため弱点。

最速のAPCR弾で離れた敵にも一瞬で当たる。

HEATを使う機会はランダム戦では全体的に少ない。

上のT-62Aとの性能差は僅かなもので好みの問題といったところ。


T110E4
e4.jpg

米国TierⅩ駆逐戦車。

恐らく最も重戦車に近い駆逐戦車。

隠蔽は期待できないが走攻守バランスのとれた車両で戦場での汎用性も高い。

左右90°動く砲塔で建物や地形に強いが車体は他の米国E系同様にほぼ貫通間違いなし。

弾薬庫を損傷する確率が高いので湿式弾薬庫や弾薬庫保護取得も十分考えられる。

副砲塔は安心できない硬さで重戦車の弾でも抜かれてしまう。

弾がAPCRであることも含め大変扱いやすい車両であることは間違いない。


FV215b(183)
183.jpg

英国TierⅩ駆逐戦車。

最高の単発火力を誇る車両。

英国車両にしては精度や照準が悪い。

APとHESHの使い分けが重要でHESEを履帯に当ててしまうことは避けたい。

HESHは貫通しなくても600~700程度のダメージは期待できる上にモジュール破壊の可能性も高い。

貫通すれば平均1750のダメージと共に直しきれないモジュールと救いきれない搭乗員を作り出すことになる。

左右45°動く砲塔は限定的であるものの昼飯には重宝する。

防御力は期待しない方が良いが砲塔はわりと弾く。

存在自体が抑止力でありヘイトが高いが早々に撃破されることは避けなければならない。


Conqueror Gun Carriage
CCG.jpg

英国TierⅩ自走砲。

高威力高弾道広爆風を誇る。

カタログ上は劣悪な精度だが弾道が高いため照準サークルが○に近く当たりやすい。

爆風だけでもかなりのダメージを期待できるが一度貫通すれば平均2200のダメージを与えられる。

他の自走砲には狙えない位置に弾を落とせるのが一番の魅力だが装填と照準に時間が掛かる。

そのため射撃機会は良い勝負といったところ。

また直射を苦手としてまず当たらない。

運用は爆風範囲の広い課金HE弾を使うことになるだろう。

Category: 雑記

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。