【雑記】WoTにCPUパワーは必要なのか

| EDIT

結論から言うと、WoTで高いFPSを出すにはCPUパワーは非常に重要な要素です。


あなたがゲーミングノートを使っていたり、PCショップで組み立て済みのデスクトップを買っていないのなら、CPUの交換が面倒なのはよく知っていることでしょう。

大抵の場合、CPUを買い換えようと思ったときには、マザーボードも換えなければならないし、メモリや記憶デバイスより良いものが売られていたりします。

マザボを換えるということは配線もやり直しになります。

CPUにグリスを塗ってクーラーを取り付ける。

ついでにOSをインストールし直したり、環境を整えるには半日以上潰すことになります。


その半面、グラボは簡単です。

抜いて差す。 他にやったとしてもドライバを入れるくらい。 大抵はそれだけで終わります。



WoTにCPUパワーが必要なのか2013年から何度か調べたことがあります。

2012年頃からWoTはマルチコアに対応しているとか、していないとか、巷では言われていました。

WoTをマルチコア処理すると謳ったツールもその昔出回りました。

2018年現在、WoTは1コアを主な計算に使用し、1コアをGPU連携に使用、他のコアには雑多なタスクしか使用されません。

これはローンチ時にデュアルコアを超えるCPUを使用するユーザー層が、とても少なかったためです。


CPUの大きなタスクはUI表示内容の計算、物理演算やライトティング、特殊エフェクトの計算に用いられます。

現状、これは1つのコアで行われます。

つまり、4コアでも8コアでも大した優位性はありません。

1コアあたりの動作周波数の高さがものを言います。

「でも、結局ゲームなんか良いグラボ積んどきゃCPUなんかどうでもいいよ」

と誰かは言うかもしれません。

しかし、少なくとも今のWoTは違います。

※今後、マルチコア最適化を進めていくとアナウンスは上がっています。
 記事の最後に動画を貼っておきます。


グラボを交換し、「どれくらいfpsが上がったかな」と画面の左上を眺めたことがある人は少なくないはずです。

私の経験上、グラボだけの交換だと「まあこんなもんか...」って思いでが多いです。

今回、丁度CPUとグラボの交換時期が被ったので、同じグラボでもCPUの差でどれだけFPSに差が出るか、厳密ではありませんが見てみました。参考までに御覧ください。

RTX2070を2つのCPUで動作させたのでFPSの値を参考までに載せておこうと思います。


■グラフィック設定「ウルトラ」 (スナイパーモードで細かな草を表示しない)

001_20190127143650f2d.png

002_20190127143651424.png


■i5-4670K(定格) & RTX2070
・アーケード:70~90fps
・スナイパー:120~140fps
shot_146.jpg

shot_165.jpg


■i7-9700K(定格) & RTX2070
・アーケード:90~130fps
・スナイパー:140~170fps
shot_191.jpg

shot_201.jpg


■i7-9700K(5GHz OC) & RTX2070
・アーケード:120~180fps
・スナイパー:200~260fps
shot_210.jpg

shot_211.jpg


また、今後のアップデートでマルチコアを効率よく使用するアップデートが加えられるようです。

CPUがボトルネックになっている環境なら、このアップデートでfpsが改善されることでしょう。

Category: 雑記

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑