Update8.10(prot)

| EDIT

先日ver8.10についての動画及びプレパッチノートが公開されました。

このプレパッチノートについてはテストサーバー前なので前回同様実装されないものも多いはずです。


旗艦としては日本ツリーの実装。

jpt01.png
(tier10予定のSTB-1)

技術ツリー通して特徴は走破力、広い仰俯角、特に技術ツリー平均15°ある俯角です。

中には22°まで達する車輌もあるようで米国・英国車輌を超える自由度を誇る模様。

俯角の取れないソ連戦車の好敵手となり得るかもしれません。

実装予定のSTB-1も例外なく俯角を得るでしょうし最低でも英国のFV4202と並ぶ程度にはなるでしょう。

sss_20131130122858912.png
(現段階でのカタログスペック/基礎スペックは不明)

このSTB-1は動画内で全体的にLeopard-1に近いものだと伝えられています。

砲身はLeopard-1のそれと同じでHEAT搭載の模様。

砲塔はカタログスペックこそ132/132/37だが防盾近くはMTとしては優秀な240mmに達するらしく74式の試作戦車だけあって傾斜もかなりあり弾きやすそうな印象。

副砲塔ではないがM48Pattonと同じように右側に大きめのキューポラを有するのが弱点か。

またカタログ上は視界は410mと並に良好で速度も52kmに達する。

砲塔旋回はT-62Aには及ばないもののT-62Aより遅く、Object140より少し早いといったところ。

ASAPでは日本ツリーの総評として優秀な機動力と砲性能、深い俯角を持つ反面装甲が薄いと伝えています。


次に注目するのはマップの修正です。

aaaaaaaaa.png
(鉱山修正前)

sssss.png
(鉱山修正後)

今回は修正の入るマップが多く飛行場カレリアエルハルフ鉱山大草原地帯に大きな修正が入るようです。

(エーレンベルクは…?)

その他にも光源処理が向上しグラフィックが向上するのも楽しみです。


戦闘に関して言えば破壊オブジェクトを通して射撃できるようになる点も大きいでしょう。

ssssa.png
(オブジェクトを通過するほど貫通力は弱まる)

今までは擬似ターン制により壁一枚を壊すか壊さないかでお互い牽制し合い立ち往生する場面もありました。

しかしこの口径の砲を積みながら現状の駆け引きは明らかに御粗末。

オブジェクトを介することで貫通力が落ちるもののその先の敵に当てることも可能となるようです。


個人的には爆散の際に砲塔が吹き飛ぶ演出が一番楽しみだったりします。

dss.png
(砲塔ポーン)

ゲーム出来れば関係ないという人も居るでしょうが砲塔が飛ばないというのは私の大きな不満点の1つでした。

直接戦闘に関係ないところで言えば車体についている工具箱なども着脱可能となり、外見のカスタマイズ性も向上する模様です。

他にはマップが増えたりイベントがクライアント上で確認できるようになったりとちらほら。


プレパッチノートによる車輌修正はMausの砲塔旋回速度が2上がることやObject140の砲塔装甲の変更、Loweのパラメーター修正が大きな変更点になりそうです。

Object140の240mm装甲部分が増えてくれることを祈ります。
(現状カタログ上の240mm装甲はごく僅かな部分)

Waffentrager auf E 100の車体部分に溶接部や覗き窓が増えて弱点が増える点も大きいですね。
(この前E100に弱点増えるって言ったけど間違いでしたゴメンヨ)


このようにまだ本鯖で実装されるか未定の情報ばかりですが参考までに。

さあ! 日本の100トン戦車や120トン戦車が出る日もそう遠くないはず・・・!
(史実通りの紙装甲はマジ勘弁だけどな)

Category: 雑記

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑