python.logについて

| EDIT

先日、トーナメントチームSuperNoobsが今シーズン失格を言い渡されました。
684x243_gold.pngemblem_195x195_2016021707584060d.png

原因はMOD使用の疑いから生じたリプレイファイルpython.log提出要請に対する拒否

実際にSuperNoobsと戦ったプレーヤーからは明らかに不自然な試合が多かったと聞きます。

しかし今回はあくまで禁止MODの使用ではなくpython.logを提出しなかった為です。

良い機会なので今回はpython.logについて少し説明します。


python.logはクライアントフォルダ直下に置かれているログファイルです。

このログはシステム起動時に読み込んだMOD情報エラーを記録しています。

テキストで保存されているので誰でも閲覧可能、且つ一度開くとその後のシステム情報を記録し続けます。

MODはシステムに読み込まれた際に必ずこのログファイルに記録されます。

ログファイルにはMOD名MODの系統取得データが記録され

プレイの正当性、特にトーナメントにおいてMODを使用していない事を証明する1つの手段でもあります。

例えばMODフォルダ(res_mods\9.**)に何も含まれない場合、python.logにはこの様に記録されます。

t_20160217080133801.png

INFO: [PY_DEBUG] Checking ./res_mods/0.9.13: mods not found

つまりMODのバージョンフォルダ内には何も入ってませんよーってことです。

それに対し、MODが導入された状態でクライアントを起動すると…

d.png

このようにMOD情報が記録されます。

これは配布しているYoheyModPack9.13を使用した場合です。

MODによってはMOD名が直接記録されます。

J1nb0XVMBattleAssistantDamageLogなどが入っていることが分かりますね。

また戦闘時のデータ取得についても記録が残ります。

1555.png

YoheyDamageLogを導入した場合、赤枠のようにTimer.cfdが存在せずエラーを吐いていることも分かります。

これは基となったDamageLogであるGunbitERからリロードタイマーの機能を削除しているためです。

それと同時にリロードタイマーを利用していない証拠にもなります。

因みに画像上下のpngファイルXVMクランマークの情報を取得する際に記録されるものです。

その他にもズームMODの使用なども記録されます。


(例)

無料で配布されている禁止MODパックで最も有名なb4itを利用しようものなら…

dsss_20160217081904358.png

この通り、直ぐに分かります。

Category: MOD・ツール

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑