T95E6レビュー

| EDIT

今回はCWC4で選択した車輌についてです。

まずVK72.01KObject 907は既に持っているので選択肢から外れます。

またM48 Pattonを持っているので性能的に類似するM60も選択肢から外れました。

そんなこんなで選択した報酬車輌T95E6のレビューです。

因みにこのT95E630輌目Tier10車輌となりました。

率直な感想としては思っていたより強いです。

ランダム戦であれば何の問題もありません。

しかしCenturionAXと当たると殆どの場合、アドバンテージを取るのが難しく正直辛い場面が多いです。

shot_710.jpg

まず搭乗員の互換性としてはT69T54E1が最適です。

M46 PattonまでのPattonルートは無線手を含めた5人乗り。

M48 Patton4人乗りですが装填手無線手を兼任しています。

しかしT95E6車長無線手を兼任しているので無線手スキルが発動できません。

特に固有スキル『状況判断能力』を発動できないのは中戦車にとって致命的です。

よって搭乗員と兼任スキルが一致するT69T54E1がベストでしょう。

12.png
(M48 Pattonの搭乗員では兼任無線手スキルが発動できません…)

16.png
(T69の搭乗員なら全スキル対応)



攻撃性能については十分なものを持っています。

最も近いものとしてはT110E5の主砲、M58です。

14.png
(主砲M58とT123E6)

精度は0.4と悪く、またAP弾なので遠距離射撃には向きません。

しかし収束が早いので中距離内であれば不満を覚えることはあまり無いでしょう。

この主砲、T123E6の強みは400というαダメージの高さとDPMバランスです。

殆どの車輌は「単発威力に優れるがDPMに劣る」 or 「単発威力に劣るがDPMに優れる」のどちらか。

高DPMであってもずっと射撃機会があるわけではないですし、

高威力であっても遮蔽の無い撃ち合いには弱いです。

ですがこの主砲は優れた単発火力DPMバランスを実現しています。

素の状態でDPM2744、ラマーだけでもDPM3000を超え7秒後半の装填速度で400のαダメージを発揮。

使うまで精度の悪さばかり気になっていましたが、この取り回しの良さは使うまで気付きませんでした。


この主砲の性能を活かせる俯角砲塔形状の恩恵も大きいです。

9度ある俯角は多くの射撃機会を与えてくれます。

また砲塔実装甲は殆どの部分が152mm~177mmと薄いですが

最大俯角で射撃体勢に入った場合、砲身から上部の被弾面は敵に対し実質非常に高い装甲値になります。

2636539bb3da0665e5a49e70fa79d8ca.gif

とは言えアメ車特有の大きなキューポラが弱いことには変わりません。

個人的には観測に重宝していますがズバズバ抜かれます。

15.png
(車長が乗っています殺さないでください)


機動性能加速最高速旋回性能などなど良好。

坂道では若干出力不足を感じます。

また操縦手スキルのオフロード走行は欲しいです。

最高速度56km/h、何より後進速度の速さは素晴らしいの一言に尽きます。

T57 Heavyや多くの米国戦車は後退の遅さがネックです。

しかしT95E6は平地でも直ぐに20km/hに乗り、下りなら30km/h以上で後退可能。


このような特性から前半稜線を挟んだ近中距離での戦い方になります。

後半HPを使い単発火力DPMで敵を撃破、足回りも良いので戦線まで容易に辿り着けます。


弱点は先に述べたキューポラ車体装甲の薄さ、そして背面の俯角の無さです。

車体装甲の薄さは深刻で稜線遮蔽の取れない場所では一切のアドを失うと言っても過言ではありません。

敗走しながらの射撃が困難な点はRu251と同じで砲塔を後ろに向けると俯角0度になってしまいます。

144.png

強弱が明確なので立ち回り地形によってかなり戦績に差が出ます。

劣る部分が多い上、互いの性能的に対峙することも多いSTB-1M48 Patton

特にCenturionAXが実際に戦ってみてやりにくい相手です。

shot_704.jpgshot_708.jpg

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑