『World on Fire』レギュレーション

| EDIT

GW終わりからCWI『World on Fire』が始まります。

イベント期間は5月7日~18日です。

5月6日にマップは凍結され領地はリセットされます。

またタンクロック機能もイベント中は停止するので全力の編成で挑めるでしょう。

worldonfire_684x243.jpg

勝利ポイント(VP)について

今回のVP獲得方法は前回と少々似ています。

各領地は1ターン100VPを生み出します。

反乱や上陸トーナメントによって挑戦者が勝利するとその領地のVPの75%を獲得できます。

つまりクランAが持つ10000VPを生み出した領地をクランBが占領した場合、クランB7500VPを取得します。

更にクランAからは7500VPが差し引かれる仕組みです。

これは通常の領地同士の戦闘では適応されない点に注意が必要です。

また上陸戦で引き分けになった場合、挑戦者勝利となる点も通常のCWとは異なります。


名声ポイント(FP)について

こちらも前回同様に基礎点は戦闘でチームメンバーが獲得した経験値の平均となります。

つまり敵車輌を全て撃破した方が必然的に多くのFPを取得出来るというわけです。

更に変数がこれに乗算されます。

pict_2014042923204007b.png

見たところトーナメント道中以外では上記の5倍が適応されるようです。

報酬については前回の記事から変更はありません。


他には北欧マップモスクワアジアマップツーラWGクランの領地となります。

pict2_20140429233318e80.png
(北欧マップ:モスクワ:エンスク)

pict3_20140429233314921.png
(アジアマップ:ツーラ:エンスク)

前回はWGクランを倒したクランに報酬も出たので狙う価値も十分あるでしょう。

因みにどちらも戦闘マップはエンスクです。


もちろんVP/FPにおける八百長禁止事項となります。

現在大連合を形成し領地交換を頻繁に行っているベトナムクランの動向が気になるところです。

スポンサーサイト
Category: CW

『World on Fire』予告

| EDIT

さてCWC3の噂が囁かれる中、CWCとは異なりCWEの予告が入りました。

この『World on Fire』と呼ばれるイベントは現在の通常CWを中断する形で行われます。

開催期間は僅か12日

CWC21ヶ月半に比べるとイベントと銘打つだけあってグッと短くなります。

また開催時期5月中とだけ伝えらています。

worldonfire_684x243.jpg

適応されるCWシステムですが今のところ『Tier8以下の車輌を使用する』とだけでこちらも詳細は不明。

イベント開始後、マップ初期化日に上陸することでWargamingクランとの戦闘に参加する機会が与えられます。

これにより前回同様何かしらの報酬が与えられると思われます。

戦闘によってクランは勝利ポイント、プレーヤーは名声ポイントを前回のCWC2と同様に得られます。

上位7位以内のクランには順位に応じたGold。(1位:300,000G~7位:20,000G)

名声1000位以内のプレーヤーにはT23E3が報酬として配布されます。

今回のイベント『World on Fire』における最大のキーワードはその名の通り『反乱』です。

反乱に乗じ領地を奪い、またそれを守ることが効率良くポイントを稼ぐ上での条件になるようです。


今回の配布戦車はTierⅦの米国中戦車T23E3

これまでのCWCで配布されたTierⅩ車輌に比べるとやはり見劣りしてしまいます。

t23.jpg
t233.jpg

現在のデータだと武装はM4A3E8の最終砲にも劣る76mmGunM1A1を装備している模様。

車体正面は76.2mmT20より10mm程厚いもののこのレベルでは誤差の範囲です。


『World on Fire』についての更なる詳細情報は近日公開とのことです。

Category: CW

【WoT】MODパック公開【9.0】

| EDIT

【最終更新】5/2更新

【XVM5.3.0-test1について】

この最新版は書き換えるとミニマップや車輌パネル上にHPを表示する機能がプラスされました。

しかしCPU負荷が過度に上がったり統計が表示されないなど不具合報告が多数あります。

そのため9.0のMODパックでは現状の5.2.1を使用します



【変更点】

自走砲着弾時間表示(追加)

傾きによる車体装甲厚表示(追加)

第六感発動時の発音(full.verのみ)(追加)

ASIAサーバーのクランアイコン(更新)

敵装填時間の表示(削除)

被弾の際の敵車輌表示(削除)

(MODに関する新規定に沿い下2つは削除しました)


------------------------------------------------

毎度の事ながらMODパックの公開です。

バージョンは9.0

本記事は全てのプレーヤーにMODの使用を推奨するものではありません。

自身の環境や知識を踏まえた上で使用してください。


主な使用MOD(改造あり)

Reticule:J1mB0s+Melty

DamagePanel:SeaFalcon's

HitLog:SeaFalcon's

XVM:xvm-5.2.1-test1

XVMconfig:SimpleVM

sound:HRGS(fullのみ)

(今回YasenKrasenは付属しません)

shot_112.jpg
aa_2014050204202273a.png
shot_0950.jpg


仕様概要

・車輌勝率/総合勝率/車輌戦闘回数/総合戦闘回数表示

・WN8レート4桁表示

・未発見の敵車輌をパネル上に明示

・被弾ダメージ/弾種表示

・モジュール修理時間表示

・ダメージ/ヒットログ表示

・車輌の固有視界範囲表示

・445m/600m円表示

・描画範囲角表示

・クラン旗表示(5/2更新)

・ログイン記憶

・ズームイン/アウト

・自走砲着弾時間表示(5/2追加)

・正面に対する車体装甲厚表示(5/2追加)

・第六感発動時の発音(fullのみ)(5/2追加)

・砲撃音MOD(fullのみ)(5/2追加)

・etc...(5/2更新)


--------------------------------------------------------------

【YoheyModPack(mini)】
→Download←
(audio系機能を除いた軽量MODパックです)(21.6MB)

【YoheyModPack(full)】
→Download←
(audio系機能を含んだfullバージョンです)(544MB)

-------------------------------------------------------------

【注意】

MODを使用する前にフォルダ内のフォント『XVM.ttf』をインストールしてください。

(インストールした後は削除して構いません)

また今回からXVMでレートを表示するにはXVMのサイトでアカウントを認証させる必要があります。

以下URLから行ってください。

http://www.modxvm.com/en/

----------------------------------------------------

【コメントに寄せられた不具合・カスタマイズについて】

①画面真ん中に【PH】が表示される現象について
ゲーム内の設定で直すことが出来ます。
これは照準を初期の物から変えていることが原因です。
設定→照準でレティクルと主砲マーカーをA型Ⅰ型に変更してください。

②マウスホイールでスナイパーモードに変更出来ない機能について
これはこのMODの仕様です。
30倍ズームの関係でズーム倍率をリセットする仕様も同様です。
Shiftキーを使って切り替えている人の場合は現状の設定をお薦めします。
(『覗いた瞬間30倍で敵が見えず撃てなかった』などの障害を避けるため)
しかしこの設定を切ることもできます。
以下のURLから設定ファイルをDLし上書きすればマウスホイールで切り替えられるようになります。
またズーム倍率のリセットも無くなります。
設定ファイル差分:https://www.mediafire.com/?csqyc43e88bbpar

③XVMのアカウント認証について
以下のURL先で行ってください。
http://www.modxvm.com/en/
認証方法は以下のURL先の画像の通り。
http://blog-imgs-64.fc2.com/w/o/t/wot54/pict01_2014041802051955d.png
(一度の認証で14日有効です)

Category: MOD・ツール

vBAddict/ADUの活用

| EDIT

Hello Everyone!!

今回はvBAddictActiveDossierUploader(以下ADU)の紹介です。

これとNoobMeterさえあれば殆どの外部ツールは必要ないでしょう。

pict03_20140410140614069.png

NoobMeterについては前に紹介しました。

簡単に言うとNoobMeterWN8等レーティング基準の策定や統計を提供しています。

実際の戦闘ではXVMの算出するOverAllは殆ど意味が無く7days30daysで確認が出来るのが良い所です。

またクラン毎のStatsやクラン内で自分がどの位置に居るかなど確認できます。

しかしNoobMeterの統計は少々物足りないでしょう。

NoobMeterは他のプレーヤーを大雑把に知るには良いですが自分の成績を見るには不十分だと感じます。


そこで登場するのがこのvBAddictADUです。

pict04_20140410141653ba3.png
pict006_20140410143644f2b.png

vBAddictNoobMeterのような閲覧サイトでADUはスタンドアロン型のデータ収集アップロードツールです。

ADUはゲーム中裏で常駐させておく必要があります。

しかし戦闘終了後にデータをアップロードするだけなのでゲームパフォーマンスには影響しません。

まずQuickSummaryでは1戦毎の戦績を表示してくれます。

戦闘マップや使用車両、生存の可否、勝ち負け、取得経験値は勿論。

WN7、WN8、与ダメージ、アシストダメージ、キル数、スポット数、占領・防衛ポイント、収支等々。

1戦毎のあらゆるデータを戦闘終了後直ぐに閲覧できます。

pict02_20140410140614338.png
(戦闘時間は日本標準時ではなく世界標準時)

このQuickSummaryでは48時間前までしか閲覧できません。

しかしvBAddictBattleLogを開けばADUを使い始めてからの全ての戦績が更に細かく表示されます。

射撃回数、命中数、貫通数や走行距離までプラスされ『ここまでするか…』ってくらい教えてくれます。

pict005.png


もちろんこれだけでは終わりません。

『新しい車輌を買ったけど拡張パーツも乗員スキルも何を取れば良いのか分からない!』

『知り合いでこの車輌を持ってる人が居ない!』


そんな時はTanksStatisticsを見てみましょう。

例えばMausの場合。

ADUを使いMausで戦闘したプレーヤー(Mausの場合919人)から統計が算出されます。

Crewタブをクリックすると全プレーヤーの乗員の68.2%修理スキルを取っているようです。

また所謂紫ネームUnicums81.3%修理スキルを取得しているようです。

このように高レートプレーヤーを別で見られるのも嬉しいですね。

因みにどの車輌でも共通スキルの取得数が多いのは全搭乗員が取得できるからです。

特に戦友は全員が取得しないと効果が得られないためだと思われます。

68.2%プレーヤーではなく、68.2%搭乗員が修理スキルを取っていると読むのが重要です。

pict009.png

他にも消耗品拡張パーツに関しても同じように閲覧できます。

pict008.png


他に初心者に便利なものとしてはHeatmapsというページです。

これはADUを使用したTier3以上の戦闘からランダムに300戦を抜き出し算出しています。

例えば『修道院で両チームどのような動きが多いのか知りたい』となると以下がそれです。

heatmap_abbey_ctf_all_201402.png

多くのプレーヤーの滞在時間が長い程濃く表示されます。

これは車種別にも確認でき修道院の重戦車の密集ポイントはこうなります。

heatmap_abbey_ctf_heavy_201402.png

これはセオリーを知らない初心者には大いに役立つでしょう。

注意して欲しいのはベターであってベストでは無いということです。

これはTanksStatisticsHeatmaps両方に言えることでしょう。

例えば統計上T110E4湿式弾薬庫を積むプレーヤーは少ないです。

しかし私は立ち回りや経験上、湿式弾薬庫を積むのがベストだと思っています。

立ち回りに関してもセオリーに縛られず戦況を読み、思考と意表を突いた勘の上に立つことも大切です。


vBAddictは他にも様々な機能が備わっているWoTプレーヤーには面白いサイトです。

是非活用してみてください。


NoobMeter→http://www.noobmeter.com/
vBAddict→http://www.vbaddict.net/wot.php

Category: MOD・ツール

Object430開発中

| EDIT

新年度が始まり悶々と更新できない日々が続いている今日このごろ。

9.0アップデートで新車両も出ないようなのでObject430ルートを開発しています。

ソ連中戦車3兄弟の中では砲性能がやや劣ることや砲塔が車体の中心よりなのが気掛かりです。

しかし車体装甲が他より20mm厚いことや隠蔽率の高さから粘り強そうです。

(核に耐えられるように作ったらしいですしね…)

aa_20140407150540990.jpg

現在はTier9Object 430 Ⅱに乗っています。

未だこの車輌をランダム戦で見かけることは少ないですね。

本車は後部砲塔のせいで鋭い稜線戦では元々無い俯角が更に無くなり殆ど使い物になりません。

また砲塔左右90度しか回らないのでNDKも少し苦手。

履帯を切られると何も出来なくなる場合もあります。

shot_088.jpg

しかし開発後の乗り出しは良好で履帯さえ開発してしまえば困ることは無かったです。

砲塔エンジンも初期の物で十分な感はありました。

に関してもT-54で最終砲を開発しているものの初期砲がベターかと思います。

特に防御面の信頼性は高く、砲塔は小さく薄く丸い為まず抜かれません。

正面はJagdPz E 100の砲すら弾き側面も硬いので幾度も助けられました。

車体も正面は120mmあるためそれなりに弾きます。

shot_085.jpg

地形を考慮し不利な戦いに持ち込まなければTier10中戦車と遜色無い働きが十分期待できます。

(早く第六感欲しい…)


----------------------------
左ブログパーツにアンケート作ったので宜しければ100名回答お願い致します。

Category: 雑記

カール自走臼砲実装

| EDIT

遂に我らが待ち望んだカール自走臼砲が実装されました。

shot_083.jpg

見ての通り高解像度のテクスチャでリアルな表現を実現しています。

また非常に多いポリゴン数で細かいディティールまでよく分かりますね。

Tier1にも関わらず1500にも達するHPは無敵としか言いようがありません。

また搭乗員は自ら無敵の防護服を身に纏い決して死にません。

1000発の弾を積み装填速度はなんと2秒

1人で観測・操縦・砲撃・装填を行い人間技とは思えない練度の高さを見せてくれます。

4月4日午後には連合軍という名の運営に鹵獲されてしまうので今しか乗れません。

shot_079.jpg
(忠実且つ鮮烈なモデリング)

shot_082.jpg
(専用マップ:8ビット・テイルズ)


カール自走臼砲旧独国の誇る超口径砲、超重榴弾砲の1つです。

主に仏国のマジノ線突破を目的に要塞・城塞攻略の要としてラインメタル社が開発しました。

当初自走計画はありませんでしたが運用上の都合で自走化。

かの80cm列車砲グスタフ/ドーラと共にセヴァストポリの戦いで砲撃を行った経験もあります。

「カール」という名称は開発に携わったカール・ベッカー将軍に因んだもの。

その後カール自走臼砲計6輌が製造。

6輌は各々「アダム」「エーファ」「ロキ」「ツィウ」「トール」「オーディン」と名付けられました。

S2FybCBHZXJ0ICYgR2VydCAwNDA=_vxJ2xnflmaGj_20140401153430738.jpg
(カール自走臼砲)

gstf.jpg
(80cm列車砲グスタフ/ドーラ)


因みにドイツ兵器大好きな某監督の作品にもカール、グスタフ、ドーラが登場してます。

5.jpg無題E38389E383BCE383A9.jpg
      (カール)           (グスタフ)           (ドーラ)

Category: ネタ記事
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。